今すぐ 1万円 必要

今すぐに1万円〜2万円のお金が必要な時の錬金術

「給料日まで残り数日の生活資金が足りない!」
「友達の誕生日のプレゼント代がない」
「急な冠婚葬祭でお金が必要で・・・」

 

こんな風に今すぐに1万円〜2万円程度のお金が必要な方は多いでしょう。

 

 

カードローンやキャッシングなら1万円〜2万円と言わずに数十万円ぐらいのお金をすぐに借りることはできると思いますが、中には未成年や学生の方で、すでに何らかの理由でクレジットカードやカードローンが利用できない人もいるでしょう。

 

 

ちなみにカードローンやキャッシングができるならそれが一番手っ取り早い&1万円〜2万円以上のお金を手っ取り早く手にする方法だと思います。最初の1ヶ月は金利も無料だったりもするので。

 

 

この記事では、キャッシングやカードローン以外の方法で即日で1万円〜2万円のお金を作る方法を紹介しています。

 

ただ、今すぐ1万円〜2万円必要と言っても、

 

・1万円〜2万円の物やサービスが必要なのか?【キャッシュレス決済】
・1万円〜2万円の現金が必要なのか?【現金決済】

 

あなたが今回のやり方で作ったお金の使い道によって方法が違ってきます。
未成年や高校生で現金が必要な場合は、錬金術の難易度は上がります。

 

 

現金が必要な場合は前半で紹介した方法から、現金化する方法を後半で紹介するのでまずは今すぐ1万円〜2万円のお金を今すぐ作る方法を紹介していきましょう。

キャッシュレスで今すぐ1万円〜2万円のお金を作る方法

1万円・2万円の後払い可能な利用枠を作る方法

最近はキャッシュレス決済が徐々に取り入れられてきているので、現金を持っていなくても物を買ったり、サービスを受けたりすることができるようになりました。

 

手元にお金がない場合は、まずキャッシュレスで1万円〜2万円の利用ができる“枠”を作る必要があります。

 

バンドルカード

バンドルカードは未成年でも金融ブラックでも作れるプリペイドカードです。
プリペイドカードながら、ポチッとチャージと呼ばれる機能を使うと今現在手元にお金がなくても最大2万円までチャージできる機能です。
(チャージ金額は来月末までにコンビニなどで入金)

 

この機能を利用すれば、ある意味クレジットカードのように後払い決済が可能になります。
未成年は親の承諾が必要ですが、申込み時に「保護者の同意を得ています」にチェックするだけなので簡単です。

 

なので、中学生・高校生など10代を中心に、クレジットカードが持てない方に人気になっています。

 

また、VISAブランドのプリペイドカードなので実店舗でも利用可能な店舗も多いです。

 

バンドルカードの申し込み手順やその他の特徴は下記の記事が詳しいので参考にしてまずは申し込みましょう。

 

 

バンドルカードの申し込み手順や特徴を詳しく知る

 

キャリア決済

キャリア決済とは利用代金を毎月の携帯料金と一緒に支払う決済方法で、翌月払いになるので手元にお金がなくても利用可能な決済手段です。

 

実店舗での支払いはまだ普及している店舗が少ないですが、ネットショッピングでは利用できる店舗が徐々に増えてきています。

 

未成年でも親の同意があれば利用できて、金融ブラックでも携帯電話会社の審査は金融機関とは別なので利用できる可能性が高いです。

 

それぞれのキャリア決済の簡単な特徴は以下の通り。

 

ドコモのケータイ払い

・利用限度額は原則1万円〜5万円(利用状況によって最大10万円)
・契約期間によって利用限度額が変動(1ヶ月〜3ヶ月は1万円、4ヶ月〜24ヶ月は3万円)

 

詳しくはこちら

 

auかんたん決済

・利用限度額は1万円〜10万円
・13〜17歳は1万円、18〜19歳は2万円、20歳以上は比較的枠が大きくなりやすい

 

詳しくはこちら

 

ソフトバンクまとめて払い

・利用限度額は最大10万円(未成年は最大2万円)
・3社の中では一番審査が厳しい傾向

 

詳しくはこちら

 

キャリア決済は特に申込みなどは必要ないので今すぐに利用できます。
ただ、利用上限額を引き上げる場合には審査があるキャリアもあります。

 

クレジットカード

高校生を除く18歳以上で、金融ブラックでもなくてクレジットカードが作れる場合はクレジットカードを新しく作るのがおすすめです。

 

利用限度額も上記の2つの方法よりも多く、作るだけでポイントが貰えたりします。
クレジットカードを作るなら楽天カードが年会費無料で楽天ポイントが貰えるのでおすすめです。

 

キャッシング機能も付けることができますが、未成年の場合はキャッシング機能を希望すると審査のハードルが高くなるのでとりあえずは希望しないほうがいいでしょう。

 

ただ楽天カードの場合は審査から手元に届くまでに2日〜7日はかかるのでこの記事のテーマである“今すぐ”必要な場合は即日発行が可能なACマスターカードの一択でしょう。

 

詳しくはこちら


現金で今すぐ1万円〜2万円のお金を作る方法

アマゾンギフト券

ここまでは、貯金がない状態で今すぐに1万円〜2万円が必要な状態になった時にまずキャッシュレスで1万円〜2万円が使える“枠”を用意する方法を紹介してきました。

 

しかし、今すぐに現金で1万円〜2万円が必要なケースもあるでしょう。
後半では、前半で作った利用可能枠を“現金化”する手順を紹介したいと思います。

Amazonギフト券を購入する

バンドルカード・クレジットカードを駆使して作った利用可能枠を現金化するためにはまずAmazonギフト券を購入します。

 

購入するのは「Amazonギフト券Eメールタイプ」です。
なぜAmazonギフト券なのか?と言えば最も現金化しやすい&換金率が良いからです。

 

ブランド品やゲーム機、商品券なども比較的換金率の高い商品ですが、換金率が80%を超えることはなかなかありません。

 

しかし、Amazonギフト券をこれから紹介する方法で現金化すれば88%〜93%と高い換金率で現金化が可能です。

 

また、Amazonギフト券なら細かい金額設定が可能です。
なのでバンドルカード・クレジットカードで枠を作った方はAmazonギフト券を必要な金額分購入しておきましょう。

この時に1万円〜2万円で一気に購入するよりも5000円×4など小分けにしておいたほうが後々現金化する時に役に立つかもしれません。

※バンドルカードの場合、Amazonの支払方法に登録した時点で1円引かれるので2万円目一杯はAmazonギフト券を購入できません。

iTunesギフトカードを購入する

キャリア決済(ドコモ・ソフトバンク・auかんたん決済)を現金化するためにはiTunesギフトカードを購入します。理由はAmazonギフト券はキャリア決済では購入できないためです。

 

iTunesギフトカードも電子メールで送られてくるので即日で今すぐに現金化が可能です。
購入場所は、キャリアそれぞれのオンラインショップです。

 

 

2018年2月初旬から、各キャリアのオンラインショップがそれぞれ電子ギフト券の販売を見合わせていたため、ネット上ではキャリア決済でiTunesギフトカードが買えないといった情報も出回っていますが、2019年4月より順次それぞれのキャリアで販売を再開しています。

 

特にauかんたん決済は一時停止を再開を繰り替えしていて不安定な面があります。

キャリア決済でiTunesギフトカードが買えない場合

auかんたん決済は不安定なので、iTunesギフトカードが買えない場合の対処法です。
なので状況によっては即日に現金化できない可能性がありますが方法はあります。

 

@auかんたん決済でauWALLETにチャージする
AAmazonでauWALLETをクレジットカードとして支払方法に追加
BauWALLETで「Amazonギフト券Eメールタイプ」を購入

 

auWALLETは審査があるので今現在加入していない場合は審査に日数がかかる&必ず通るわけではないのが難点です。

 

ちなみにドコモオンラインショップでiTunesギフトカードが買えない場合はドコモのケータイ払いでバンドルカードにチャージすればOKです。


購入したAmazonギフト券・iTunesギフトカードを現金化

アマゾンギフト券の現金化方法

さて、次はそれぞれの方法で購入したAmazonギフト券・iTunesギフトカードを現金化する方法を紹介していきましょう。

 

ここで、18歳未満・高校生の場合は現金化のハードルが高くなります。

購入したギフト券を買取業者に売る

一番楽な方法は、Amazonギフト券・iTunesギフトカードを買取業者に売る方法です。
ちなみにAmazonギフト券・iTunesギフトカードは通常の金券ショップなどでは取扱いをしていないのでインターネット上で売買している買取り業者を利用します。

 

おすすめは「買取ボブ」という業者です。
なぜなら、最低金額3000円と少額からの買取りに対応していて換金率も88%〜93%と他の業者と比べて換金率が良いからです。

 

また、中には怪しい業者も紛れている現金化業界ですが買取ボブはきちんと運営者がインタビューなどにも顔出しで答えている真っ当な業者です。

 

年中無休&24時間営業の即日対応なので今すぐに1万円〜2万円の現金が必要なら買取ボブにギフト券を売って現金化完了です!

 

※18歳以下&高校生は利用できません

 

↓早速ギフト券を現金化する↓

 

18歳以下の未成年のギフト券現金化方法

普通であれば、買取ボブにギフト券を売れば高換金率で現金をゲットできますが、高校生を含む18歳以下の未成年は買取ボブが使えません。

 

そこで、いくつか18歳以下の未成年が現金化する方法を考えてみました。

 

@周りの人に買い取ってもらう

家族や友人、知り合いに直接Amazonギフト券を買い取ってもらいましょう。
iTunesギフトカードは微妙かもしれませんが、Amazonギフト券なら利用していれば普通に額面通りに買取してくれる可能性もあります。

 

一度に数万円のギフト券の買取りをするよりかは、3000円や5000円など小分けにして「プレゼントで貰ったんだけど私Amazonで買い物しないから〜」と言って交渉してみましょう。
購入する時に小分けで買っておいたほうがいいのはそのためです。

 

もし渋るようなら額面の5%OFFとか10%OFFぐらいで売れば興味を持ってもらえる人も多くなるでしょう。

 

A成人に代わりに申込みをしてもらう

親を始め兄や姉に代わりに買取ボブを利用してもらう方法です。
振込先口座や顔写真付の身分証などが本人でないといけないので多少面倒かもしれませんが、可能な範囲の入力を自分で行ってお願いすればそこまで手間はかからないと思います。

 

Bヤフオクやモバオクで売る

メルカリではAmazonギフト券は出品できませんが、ヤフオクやモバオクなら売れます。
ただオークションなので確実に売れるとは言えない点と、今すぐに1万円〜2万円が必要な場合には時間がかかり過ぎる方法です。

 

CAmazonで購入した物を売る

これは換金率がかなり低くなるのでおすすめしませんが、Amazonギフト券をAmazonで使ってそれを売って現金にします。

 

この場合もリサイクルショップなどに売っても大したお金にならない上に新品の買取りは拒否されるケースもあるので、家族や友達など知り合いが買おうとしている物を代わりに自分が購入してその分の代金を受け取ったほうが換金率は高いと思います。

 

友達は微妙ですが、親の代わりに自分がネットで買うのはそんなに不自然でもないでしょう。


まとめ

以上、今すぐに1万円〜2万円が必要な場合の対処法でした。
バンドルカードやクレジットカード、キャリア決済の現金化に関しては違法とは言えないものの、グレーゾーンの方法になります。

 

というのも、法律で禁止されているわけではありませんが、クレジットカード会社や各キャリアで禁止されている行為だからです。

 

金額などにもよりますが、クレジットカード会社は特にその辺のチェックが厳しくて場合によっては利用停止になってしまう可能性もあります。

 

ただこの記事で紹介したように1万円〜2万円程度であれば、普通に考えてもギフト券などを購入するのは極自然な行為なので1度で利用停止になるようなことは有り得ません。

 

18歳以下の未成年&高校生の場合は少しハードルが高いかもしれませんが、18歳以上ならこの記事の方法で今すぐに1万円〜2万円を手にするのは難しいことではないと思います。

 

ただ、基本的には後払いを利用した錬金術なので後日支払いをする必要がある点だけは忘れないでくださいね!

page top